前へ
次へ

個人再生と自己破産などには違いがある

個人再生と自己破産というのは同じ債務整理ではあるのですがかなり違うタイプのものであるというのを理解しておきましょう。
再生タイプと呼ばれているのが個人再生であり、自己破産は清算タイプということになります。
破産した場合は債務者の財産が生産されるということになりますので支度なども含めて全て失うことになります。
しかし、個人再生であれば自宅は守ることが出来るようになります。
債務整理の中でも個人民事再生というのは破綻してしまう前の再起、再建を可能にすることができる手続きとなりますので一部の支払いはすることになりますがその後残りは免除されるということになります。
当然ですが個人再生のが良いということが多かったりはするわけですがそれが認められるかどうかということが色々とあるわけで債務整理の中でも選択できるかどうかは分からないわけです。
自己破産などは最終手段であると理解しておきましょう。
それがとても大事なことです。

Page Top