前へ
次へ

自己破産と任意売却などの関係性

債務整理の一つに任意売却というのがあります。
例えば住宅ローンなどで支払えなくなった場合には住宅に抵当権を設定していますので銀行や保証会社はなどの債権者が抵当権などを主張して担保権を実行します。
そして住宅ローンとしてかしているお金を取り戻そうとするわけですがこの場合強制執行されて競売にかけられるということになりますのでかなり安く売らなければならないということになります。
大半はそうなります。
ですから任意売却というような債務整理を行って債務者と債権者が強調して裁判所の関与をなしに住宅を売却しようとするというようなやり方がこの場合任意売却ということになります。
任意売却のメリットなのですが競売なのでメリットがないというところにあります。
競売申し立て費用がかからない、というだけでも割とメリットがあったりします。
しかし、そうしたことがやりたくないというのであれば自己破産という手があります。
自己破産は最終的な手段ですが自己破産はかなり効果抜群です。

Page Top