前へ
次へ

自己破産は様々な手続きをすることになります

自己破産手続きというのがあるわけですがこれは債務整理の一つになります。
自己破産というのは、破産手続きを開始されるためにまずは申し立てをしなければならないということになります。
破産手続きという債務整理における特徴というのが色々とありますので知っておきましょう。
まず、債務者は管理処分権を失うということになります。
つまりは、財産処分権が破産管財人に帰属するということになり、債務者は財産の管理処分権がなくなり勝手に財産を売ったりするということができなくなります。
そして挟んではまず総財産を換価して、分配をするということになりますが税金などの支払いがまずは優先されるということになっているのも覚えておきましょう。
自己破産では担保権利者の権利行使を妨げることができないというのもポイントです。
金銭による平等弁済というのが大原則であり全てお金に変えられます。
不動産単位で分配するというようなことができるというわけではないです。

Page Top