前へ
次へ

自己破産とそのほかのやり方には

個人再生と自己破産というのがあるわけですが個人民事再生は再生タイプと呼ばれるものであり、自己破産は清算タイプになります。
民事再生というのは債務者が破産をしてしまう前の状態に戻すということが可能になっていますが自己破産の場合は全てを清算するということになります。
住宅ローンの場合などの債務整理ということになりますとこの個人再生の方が良いということが多いです。
再生計画に住宅資金特別条項、というのを設けることによって住宅ローンについてはこれまで通り支払いながら他の債務を圧縮するということができるようになります。
もちろん、出来るようになる、といってもそれは確実にできるわけではないです。
その辺りは弁護士の腕次第という部分もありますので、債務整理というのはひとつしかできないというわけではないので複数の選択肢がある場合もあります。
しっかりと弁護士に相談をしてやるようにしましょう。
当然それにはコストがかかることになります。
自己破産には色々と大変なことが多いです。

Page Top