前へ
次へ

自己破産には色々と大変なことが多いです

自己破産というのは最後の手段ではあるわけですがとにかくそういう状態に陥った場合自己破産という債務整理があるということが、ある意味で救済的な制度になっているわけです。
お金を貸した側からすればたまったものではないわけですが、それでも債務整理ができることによって人生をやり直すことができるということになりますので国の制度としてはやられ過ぎることは良くないのですがなければかなり厳しい制度でもあります。
そもそも昔から徳政令といったようなものがあったりしたわけでそれなりにその手の制度というのは昔から存在していたのです。
破産手続きの場合流れはそんなに難しいわけではなく、債権の確定をした上で財産の管理や換金といったようなことを行い、破産手続きが終了するということになります。
決して難しいことではないですが、弁護士にお願いすることになりますから、債務者などが困ることはなかったりします。
自己破産とは割と大変な行為です。

Page Top