前へ
次へ

自己破産のデメリットも知ろう

様々な借金問題の解決方法の1つとして挙げられるのが自己破産です。
これにより今ある借金の法的な支払い義務が全て免除され、負債から解放されますがこれによるデメリットというのも存在します。
このデメリットについてもしっかりと理解してから弁護士等に相談に行く等の行動を起こす必要があります。
まず、1度行ってしまうと5年から7年程度あらゆる借り入れが出来なくなってしまいます。
いわゆる金融機関等におけるブラックリストに入った状態になってしまい、その情報はあらゆる金融機関や信販会社等に知れ渡る事になります。
そうなるとマイカーローンや住宅ローン等の比較的大きな借り入れはもちろん、カードローンやクレジットカードの利用も出来なくなりますのでそれらを多用してきた人は注意が必要です。
次に、現在所有している自動車や宝飾品等の財産が全て清算され手元から離れてしまうというデメリットです。
この清算される対象になるのは、その時点での時価20万以上の価値があるものになります。
そうした高額商品をあまり所持していないといった場合は良いですが、自動車通勤やブランド品集めが趣味の人、あるいは解約した時の返戻金が20万円以上ある場合には注意が必要です。

極小パイプの曲げにも対応できます
小さいものでも丁寧な加工で、お客様が求める形に仕上げます

薄くて軽いのにしっかりつく
付けている感覚がないのに、風で飛ばないかつらをご提供しています

伊藤雅樹 投資

臨機応変に対応してくれるアリバイ会社
お客様の環境に合わせてしっかりと対応させていただきます

対外的な信用にお困りの方を応援します
職業的理由から公表できない皆様を支援しています

さらに、自己破産を行うと就ける職業の制限も受けます。
ただ、現在就いている職業がその対象でなければ自己破産により辞めさせられるという事は無いので安心して下さい。
その職業制限も手続き中の身になります。
そして、何よりも注意して欲しいのが申請すれば必ず認められるという訳でなく、自己破産が認められない場合があるという最大のデメリットがあります。
競馬等の公営ギャンブルののめりこみや、過剰な株・FX等の射幸行為を行う等といった事が原因で借金を重ねてしまった場合には借金が免責されない可能性もあります。
そのような原因が思い当たる時には、とにかく真摯な態度で手続きに臨むことが大事になってきます。

Page Top